加齢臭~ニオイの発生メカニズムと対策

40代以上の男性が一番気をつけないといけない体臭が加齢臭です。

加齢臭がし始めると、奥さんや娘さん、会社の女性達にも一斉に嫌われはじめます。

人間ではなく汚物扱いされることも珍しくなく、加齢臭が漂い始める40代からの毎日は男性にとっては「人間でいられ続けるか?汚物に転落するか?」の二択を迫られる日々が続きます。

加齢臭というと一般的に中高年の男性特有のニオイと思われていて、高みの見物を決め込んでいる女性も多いのですが、女性にも加齢臭はあります。

女性ホルモンが減りはじめる更年期以降、臭ってきますから女性も油断は禁物です。

さて、その加齢臭ですが、年齢とともに増える皮脂の中に含まれる「パルミトオレイン酸」という脂肪酸が酸化・分解される際にできるノネナールというニオイ物質がそのニオイの元です。

「古本の匂い」「ろうそくの匂い」「靴箱の匂い」と表現されることがありますが、個人的には古本のニオイが一番近いかな?と思います。時間が経ってカビた感じの臭いがしますよね。

男性の場合、40代からこのノネナールが増加しはじめて、ピークとなる60代までは毎年右肩上がりにノネナールの量が増えて、加齢臭がキツくなっていきます。逆に60代を過ぎると男性ホルモンの低下とともに加齢臭も緩和されていきます。

女性の場合は、更年期以降、皮脂腺の働きを抑制・調整していた女性ホルモンが減少するため、皮脂腺の働きが活発になり、皮脂中に含まれる「パルミトオレイン酸」が増え、それにともないノネナールも増加していきます。

60代をすぎて緩和されていく男性の加齢臭と違って、女性の場合はずっと続くので加齢臭がでている期間というのは実は女性のほうが長いんですね。これは覚えておくといいと思います。

加齢臭は皮脂が酸化・分解されて発生するニオイです。

皮脂が多ければそれだけニオイがキツくなりますし、加齢によって皮脂の酸化を抑制する機能が衰えてしまうので、加齢臭対策というのはすなわち皮脂対策ということになります。

皮脂は皮膚を乾燥から守ったり、紫外線の刺激から保護すると言う役割を持っているため、なくてはならないものですが、必要以上の皮脂はニオイの原因になるので、それを何とかしようということですね。

すぐにできる加齢臭対策(=皮脂対策)としては

● 皮脂の分泌を促す動物性食品を控える
● 抗酸化成分を積極的に摂取する
● 体を清潔に保つ(汗をこまめに拭く、お風呂に入る)

といったものがあります。

皮脂の分泌をできるだけ抑制し、分泌された皮脂はすぐ取り除く、酸化を防ぐ、ということができれば加齢臭のニオイ物質であるノネナールの発生を防ぐことができるので、加齢臭も防げます。

経験からいわせてもらうと、加齢臭対策用の石鹸を使い、消臭シャツを着ればとりあえずは周りを不快にさせることないレベルにまでは加齢臭は緩和できます。食事の効果はちょっとわからないです。気にしないよりはマシなのかな?という感じです。

このページの先頭へ