重曹・ミョウバン~体臭予防の定番成分

制汗剤や消臭シャツなどがなかった時代から体臭対策に活用されてきたのが重曹やミョウバンです。今でも重曹やミョウバン入りの石鹸やスプレーがありますからニオイ消しの定番成分といっていいと思います。

重曹の消臭効果から解説させてもらうと、重曹にはアルカリ成分を含まれていて、酸性の臭いには有効だといわれています。酸に対してアルカリをぶつけることで臭いが中和されて無臭化されるというのがその消臭メカニズムです。

汗臭などの酸っぱい系のニオイにはもちろん、キッチンや冷蔵庫、下駄箱などの臭い消しとしても優秀です。殺菌作用もありますので、雑菌の繁殖を抑えてくれる効果もあります。

重曹の場合は水に溶かして重曹水をつくり、臭いの気になる部分に塗布するようにして使うのが一般的です。噴射できるようにしてスプレーとして使うのが使い勝手がいいと思います。

ミョウバンは染色剤や防水剤、沈殿剤などとしても利用されるものですが、加齢臭や腋臭を軽減させる制汗剤、防臭剤として重曹とならんで有名なものです。

ミョウバンを使う場合は水に溶かして酸性のミョウバン水を作ります。このミョウバン水を肌に吹き付けることで、肌の表面を酸性に保つことでアルカリ性の環境を好むニオイの原因になる菌の活性を抑制することが出来るのですね。

特にアンモニアなどのアルカリ性の臭気成分に対する消臭作用は抜群で、汗くささを抑えるのには非常に有効ですし、ミョウバンに含まれる金属が酸化還元反応を起こして、金属消臭が行われる効果も期待できます。

重曹もミョウバンはいずれも安く入手できますし、非常に安全な成分です。活用範囲も広く消臭剤やデオドラント剤以外にもさまざな用途に用いることができるので、あって損はないものです。

重曹

・アルカリ性で酸性の臭いを中和する
・非常に安全
・価格が安い
・アルカリ性を好むニオイ菌が繁殖して体臭がキツくなるリスクあり

ミョウバン

・弱酸性を保ち、ニオイ菌の繁殖を防ぐ
・続けて使うことで消臭効果が高まる
・価格が安い
・制汗作用、制菌作用がある。


使い方に対するアドバイスとしては、ミョウバンの場合、消臭効果が一時的なものではなく、続けて使うことでどんどん持続時間が長くなって積み重なってくという特徴があります。使えば使うほど消臭効果が持続するようになり消臭効果が高まっていくんですね。

一方の、重曹は使い過ぎると皮膚を弱アルカリ性にしてしまいます。皮膚のニオイ菌はアルカリ性の環境を好むので、余計にニオイをキツくしてしまう可能性があります。

そのため、使い方としてはミョウバンは単体で使ってもOKですが、重曹は必ずミョウバンとセットで使うようにして、重曹(アルカリ性)を使った後はミョウバン(酸性)を使って皮膚の表面を弱酸性に整える必要があります。

重曹とミョウバンは安値で大量に買えるのでお金をかけずにニオイ対策をしたい方にはぴったりです。汗臭・加齢臭・腋臭とニオイの種類を問わず使えるのも魅力だと思いますよ。

このページの先頭へ