ダイエット臭って何?

最近、その存在が注目されだしたのがダイエット臭です。

極端な食事制限を行うダイエットをしたときに発生する体臭のことで、身体からの栄養不足を知らせる緊急のSOSだと考えることもできます。その発生メカニズムを簡単に説明すると、

1、食事制限により炭水化物やタンパク質が不足
2、中性脂肪がニオイを放つ脂肪酸に変化
3、最初は口臭がひどくなる
4、汗のアンモニア臭→体中から甘酸っぱいニオイ

という段階を経て、どんどん体臭がキツくなっていきます。

特に炭水化物の摂取を制限している時に起こりやすいと言われているので今話題の糖質制限ダイエットも気をつけないといけないかもしれません。

ダイエット臭は、必要な栄養素が不足することで身体の代謝機能が落ちてしまい脂肪酸を燃焼させるシステムがうまく働かなくなってしまった結果、血液中には乳酸やケトン体と呼ばれる成分が増加して、汗や皮脂と一緒に酸っぱい腐敗臭が毛穴から排出されてしまうことで発生します。

特徴としては口臭からはじまり、汗臭→甘酸っぱいニオイと段階を踏んでどんどん強烈に臭うようになってくるということです。最初は唾液が減って、口の中が乾燥して口臭がキツくなります。

それから、汗のアンモニア臭を強くなり、下着や肌着のニオイがひどくなります。最終段階では強烈なニオイ物質である「ケトン体」が発生するので、穴という穴からと、果物が腐ったような酸っぱい体臭がでてきてしまいます。

せっかくきれいになろうとダイエットを頑張っているのに、口臭はひどいし、体臭はキツいしで踏んだり蹴ったりの状態になってしまうわけなんですね。自分でダイエット臭に気づくころには周囲に相当迷惑をかけているはずなので、恥ずかしさも100倍です。

ダイエットであってもしっかり必要な栄養素は摂取して、運動と筋トレをして代謝も正常ですし滞りなく脂肪が燃焼するのでダイエット臭は発生しません。ようするにダイエット臭が発生するということはおかしなダイエットをしているということです。

断食するとか、食事をダイエット食品やドリンクに置き換えるとか、サプリしか飲まないとかそういうダイエットをやってしまうとダイエット臭が発生してしまうということです。怪しい変なダイエット方法やダイエット商品には手を出さないようにしましょうね。

このページの先頭へ