体臭は性別や年齢によって変化するってホント?

体臭というと男性のほうが強烈ですし、ケアも怠りがちなので鼻につきます。

奥さんや娘さん、会社の女性社員から「臭い」とか「死ね」と面をむかって、あるいか陰でいわれていじめられている男性も多いわけですが、女性も実は人のことをとやかくいえる立場じゃないんですね。

まず、性差による体臭の違いにみてみると、男性の場合、男性ホルモンの影響で女性に比べて皮脂腺が発達しているので皮脂がたくさんでています。そのため非常にオイリーな臭いがする特徴があります。

男性特有のこのオイリーな臭いの正体は、皮脂が酸化したときに発生する「ペラルゴン酸」のニオイです。女性でも頭皮をこするなどするとこの「ペラルゴン酸」のオイリーな臭いを感じることができるので、ちょっと嗅いでみてください。

また、男性にはアンドロステノンというニオイ物質が発生する男性特有のニオイというのがあります。このアンドロステノンのニオイというのが面白くて、男性は何とも思わないそうなんですが、女性は不快に感じるんだそうです。

女性に嫌われるニオイというと加齢臭のニオイ物質であるノネナールが思い浮かびますが、アンドロステノンも負けず劣らず「男臭い」「オヤジ臭い」と女性に嫌われる原因になるニオイなんですね。これは知らなった人のほうが多いんじゃないでしょうか?

一方の女性の体臭ですが、男性のように皮脂腺が発達しておらず、皮脂量も少ないのでオイリーな臭いというのは頭皮以外からすることはありません。

しかし、男性に比べて発汗量が少なく、汗をだす汗腺の機能が低下しやすい傾向があるため、粘ついたクサい汗がでやすい特徴があります。更年期になると突然の発汗などがありますから、こうすいたクサい汗をのニオイをまき散らしている可能性があるってことですね。

こうした性差を考えると男性は皮脂対策、女性は汗対策が重要になるってことです。

男女ともに差がなく、年齢とともに発生する体臭にはおなじみの加齢臭があります。男性の場合は40代以降、女性の場合は更年期以後でやすくなります。ちなみに加齢臭のニオイ物質のノネナールには性差はありません。

覚えておきたいのは加齢臭が出る期間は実は女性のほうが長いということ。

男性は、40代ぐらいからボチボチと加齢臭が漂いはじめますが、男性のホルモン分泌が減りだすにつれて加齢臭は弱まる傾向にあるので60代をピークに徐々に加齢臭はしなくなっていきます。

しかし、女性の場合は逆で、更年期以降、皮脂量の抑制と調整を行っていた女性ホルモンがどんどん減少していくので、皮脂線の抑制が弱まり、加齢臭がでてくるようになります。女性の場合は死ぬまで加齢臭は右肩あがりなので、男性とくらべて加齢臭が出る期間が長くなるんです。

性別や年齢による体臭の変化についてまとめると、

1、男性のオイリーな臭いはペラルゴン酸が原因
2、女性のみ不快に感じるアンドロステノンというニオイ物質がある
3、男性は皮脂対策、女性は汗対策が重要
4、加齢臭に悩まされる期間は女性のほうが長い
5、更年期以後は女性も体臭がキツくなる要素が満載

ということです。覚えておきましょう。

このページの先頭へ