トリメチルアミン尿症(魚臭症)~魚の腐ったような口臭・体臭の正体

魚が腐ったようなニオイ、下水道のニオイなど明らかに体臭の次元が違うニオイがするという場合、トリメチルアミン尿症(通称:魚臭症)と呼ばれる病気かもしれません。

トリメチルアミン尿症とは、食物が体内で消化分解される際に発生するトリメチルアミンを分解する酵素が先天的、あるいは後天的(肝機能障害や肝機能低下)に欠落してしまっていることで、トリメチルアミンが分解されず、そのまま汗や尿、呼気に排出されてしまう病気です。

トリメチルアミンとはあまり聞きないない成分だと思いますが、特定悪臭物質として、悪臭防止法の規制対象になっているほどの臭気成分ですから、その威力は想像を絶するものがあります。

頭痛や吐き気、めまいetc...。周囲の人に明らかに害を及ぼす体臭がします。

肝機能障害や肝機能低下といった理由で発症することもあるようですが、基本的には先天的な遺伝病です。トリメチルアミン尿症自体が劣性遺伝となるので、発症の確率は低いのですが、それでも数%は発症してしまいます。

そのため家族の中でトリメチルアミン尿症に罹患している方がいる場合は、子や孫に発症する可能性が非常に低い確率ですがあると思っておいたほうがいいかもしれません。

先天的な遺伝病ということで治療することが非常に難しい疾患であり、今現在、抜本的な治療法はありません。少しでも体臭を緩和・軽減するためにニオイを増幅させるトリメチルアミンの元となるコリン、カルニチン、レシチン等を含む食品の摂取を控える食事療法を行うのが精一杯です。

ニオイが消えることがないので、発症してしまった方は多大なストレスに悩まされてしまうことでしょう。学校生活、仕事に恋愛に大きな影響がでますから、一生を棒に振りかねない本当に悲劇的な病気の一つだと思います。

日本においても近年、トリメチルアミン尿症(通称:魚臭症)についての研究がおこなわれるようになってきており、トリメチルアミン尿症患者さんのための情報提供も行われるようになってきています。

昭和薬科大の山崎浩史先生が情報提供されている「魚臭症,トリメチルアミン尿症,Trimethylaminuriaの日本におけるホームページ」を紹介しておくので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ニオイを軽減させるための食事についても詳しく解説されています。

参考サイト→http://homepage2.nifty.com/hiroshi_yamazaki/index.htm

このページの先頭へ