汗腺トレーニング~サラッとした質にいい汗をかく

エクリン汗腺からでる汗にはいい汗と悪い汗があります。

汗腺がしっかり機能していればサラっとしていて菌に分解されても臭いが少ない良い汗がでるのですが、汗腺機能が衰えているとベタッとして流れない粘度の高い悪い汗がでるようになります。

「汗をかくと臭くなるなら汗をかかないようにすればいい!」

と考えてしまいがちですが、それはむしろ逆効果。制汗剤を使って過剰にケアをしたり、冷房の効いた部屋からでないなど、汗を極力かかないような生活を送ってしまうと汗腺の機能が衰えてしまうので、ベトベトした粘度の高い悪い汗がでるようになってしまうんです。

人間は体温が上昇することと生理的な機能として汗をかいて体温を下げようとします。

汗をかき慣れていて汗腺が機能しているようであれば、ミネラル分が汗腺から血液に再吸収されます。しかし、汗腺が機能していないとミネラル分もそのまま汗として排出されてしまいます。

結果として、栄養満点の汗を常在菌にエサとして与えてしまうので大量に繁殖してしまいますし、分解されるときにニオイもたくさん出してしまうので汗の臭いが強くなってしまうんですね。

なので、できるだけいい汗をかけるように日頃から汗腺を鍛えておかないといけません。

汗腺を鍛えるというと何やら難しいことをしないといけないのか?と思ってしまうかもしれませんが特別に何かをする必要はありません。普段からできるだけ汗をかいて汗腺を機能する状態にいておくということが大切だということです。

このように汗腺を汗をかき慣れている状態に改善していくのが汗腺トレーニングの目的です。

汗腺トレーニングは簡単で、普段の生活のなかで発汗を促すような習慣を取り入れるだけでOKです。具体的にはお風呂に入ること(サウナでもOK)、それから汗をかく強度の運動をするということです。

● シャワーではなく、湯船につかるようにする
● ストレッチではなく、ジョギングや縄跳びなど心拍数の上がる運動をする
● 女性にはホットヨガが超おすすめ

運動はダイエットにもなりますし、健康にもいいので汗腺トレーニングとは関係なしに取り入れてほしい習慣です。汗をかくにはストレッチ程度の強度ではダメで、心拍数が上がる運動をしないと汗はかかないと思います。

なので、運動嫌いの人にはちょっと辛いかもしれません。

一番簡単なのはゆっくりお風呂に入ることです。半身浴でも肩までつかるのでも入り方はなんでもいいので、とにかく汗をかくことが大切です。続けることで明らかに汗の質が違ってくるのでその変化を観察するのも面白いと思います。

夏場は何もしなくても汗が噴き出てくるので汗腺トレーニングではうってつけです。冷房の効いた部屋に閉じこもりにならないように、汗をかいて汗腺を鍛えるようにしてください。

このページの先頭へ