腋臭/裾腋臭~ニオイの発生メカニズムと対策

腋臭は別名、臭汗症といいます。

特別強烈なニオイを発する症状ではありますが、あくまで体臭の強い体質と分類されるので病気ではありません。そのため残念ながら腋臭の治療には保険が効きません。

汗臭のところでも触れたので復習になりますが汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺があり、アポクリン汗腺から出てくる汗にはタンパク質や脂質、アンモニアを含まれているので菌によって分解されるときに強いニオイを発生させてしまいます。

アポクリン汗腺はワキ・外耳道(耳の中)・陰部といった体の一部に集中しているわけですが、特に目立つワキからのニオイを腋臭というわけです。(同じくアポクリン汗腺が集中している陰部のニオイについては「裾腋臭」といいます。)

腋臭や裾腋臭の有無というのは、その人固有のアポクリン汗腺の数や働きによるもので、かなり個人差があります。そして、人種、民族によっても大きく異なります。

例えば日本人の場合、腋臭体質の人の比率は10~15%といわれていますが、他の民族の比率をみてみると、大きな違いがあることがわかります。

● 黒人100%
● 白人70~90%
● 中国人3~5%

「外人は体臭がキツく、日本人は体臭がしない」という話は耳にしたことがある人も多いと思いますが、それはお伝えしたように、人種・民族によってこれだけ腋臭体質の比率が違うからなんですね。

腋臭体質の人の割合は肉食文化の国ほど高いといわれています。人種的に見ても欧米の方のほとんどはワキガを持っていることから考えると、確かに食生活とワキガには密接な関係があるのは間違いなさそうですよね。

日本では生まれつき腋臭という人は少数派になりますが、食生活が欧米化してきていることで、確実に腋臭の人の割合は増えているそうです。

とはいえ、腋臭というのは基本的に先天的なものなので、かりに生活習慣や食生活の影響で後天的に腋臭になっても野菜や魚を中心とした和食を食べるようにすれば、腋臭も改善されてニオイもしなくなります。

ちょっとここで自分が腋臭体質かどうかチェックする方法を紹介しておきます。

アポクリン汗腺はワキ・陰部に集中していますが、外耳道(耳の中)にも集中しています。というか耳の中にはエクリン汗腺がなく、アポクリン汗腺しかありません。

そのため綿棒を使って耳垢を取り出し、その状態をチェックすれば自分がアポクリン汗腺の影響の強い腋臭体質(=体臭レベル)かどうかが一発でわかってしまうんです。

● 耳垢が乾燥しているという場合。・・・アポクリン汗腺の数が少なく、ニオイも弱い。
● 湿りもあるし、乾燥もしている。・・・アポクリン汗腺の数がほどほど、ニオイは中程度。
● 耳垢が湿っていてキャラメル状。・・・アポクリン汗腺の数が多く、ニオイが強い。

耳垢が乾燥しているという場合は、腋臭の心配をする必要はありません。体臭は汗臭を気にすればいいので普通にデオドランドグッズを使って汗対策をするようにすればOKです。

耳垢が湿りだすニオイレベルが中以上の場合は、ボトックス注射や腋臭の手術など外科的な処置を加えて発汗を止めたり、アポクリン汗腺そのものを除去することをしないとニオイは消えません。

ニオイに敏感な人が多い日本では目立ってしまうと思います。

このページの先頭へ